わきがが悪化する原因にストレスが関係あるって本当?

わきが,ストレス,原因

わきがのにおいに悩む方にとって、体調やストレスの有無というのはにおいの強さに影響を与えるほど配慮が必要な部分なんです。
わきがとストレスにはどのような関係性があるのでしょう。

 

わきがとストレスの因果関係

ストレスは人間の体に様々な悪影響を及ぼすもの。何故かというとストレスが体に加わる事によって、自律神経に乱れが生じてしまい様々なホルモン分泌のバランスまで崩してしまうからです。

 

わきがの方には2種類ある汗腺の内、わきがのにおいの原因となるアポクリン汗腺が多くあり更に働きも活発です。このアポクリン汗腺はストレスが加わった事でも刺激を受け、汗が分泌されます。

 

ですが、アポクリン汗腺を刺激しているストレスを取り除く事が出来ればストレスによって乱れているホルモンバランスが正常化し、アポクリン汗腺も刺激されずに済みます。ストレスを完全に取り除くのは難しくとも、なるべくストレスを上手に発散する事でわきがの気になるにおいを軽減する事が出来ます。

 

わきが体質をストレスに感じる場合も

わきが,ストレス,原因

わきがで悩む方ならにおいがしてしまう事自体がストレスになっている可能性もあります。
欧米人にはわきがの方が多い事から、においがするのが当たり前になっていますが日本人は違います。
日本人はわきが体質で悩んでいる方は少ないため、わきが特有のにおいがする事は気になってしまうのです。

  • 「周りから臭いと思われているかも…」
  • 「あいつ臭いって言われてたら嫌だな…」

などわきがに対する対策方法は今や数多くありますし、わきがを治すための手術もあるのでにおいを軽減する事は充分可能です。
ですが、わきがにも軽減、中度、重度と症状がありわきがで悩んでいる方皆が常ににおいがする訳ではありません。
それぞれドラックストアなどでも、わきがの方専用の消臭製品を取り扱っていますので、においに対する対策を取れば、においを敏感に気にし続ける必要はありません。

 

もちろんわきがの方にとっては、「わきが臭なんて気にする必要ないよ」と言ったところで、気にならないワケありませんよね。
しかし、わきがのにおいは確かに気になるものですがあまりに過敏になり過ぎてもそれがストレスとなってしまって、更ににおいを悪化させる原因となりかねません。
なかなかにおいを制御出来るものではありませんから、日によってはにおいが強くなる日もあると思いますがわきがに対するケアをきちんと行えば過度な悪化は防ぐ事が出来ます。

 

ストレスを上手に発散し、わきがに対するケアをきちんとしていればそれ以上の悪化はありません。悪化させない為の行動もわきがで悩む方には大切なので覚えておきましょうね。

 

わきがは乾燥を防げば症状改善に繋がります。

わきが,ストレス,原因

 

「わきがのにおいは汗が原因なら、脇を乾燥させたら汗の分泌量が減ってわきがのにおいが抑えられる」

 

これ、大きな勘違いです!実は間違えてしまいがちなわきがに対するにおいケア。乾燥状態になった肌は水分と油分を欲しがります。お肌は健康な状態であれば、適度な水分と油分によって外部の刺激から守っています。

 

それが、お肌に水分と油分が不足した乾燥状態に陥ると肌を守る為に過剰に皮脂を分泌します。
しかしながら皮脂が過剰に分泌されると、逆にわきがのにおいを悪化させてしまう元なんです。
わきがは脇にある汗腺「アポクリン汗腺」から分泌された汗と皮膚常在菌が混ざり、分解される事で特有のにおいを発します。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗は、たんぱく質、皮脂、アンモニアなどが含まれていて細菌にとっては大好物となります。
つまり、乾燥状態が深刻化し皮脂の分泌が過剰に行われると細菌が繁殖しやすい環境となってわきがのにおいが悪化してしまいます。

 

わきがには保湿が欠かせない!

わきが,ストレス,原因

「わきがになるのは汗の分泌量が人より多いから」「乾燥すればにおいは治まる」そう考えている方は非常に多いのが現実です。
確かにわきがの方の中には多汗症の方も居ますが、乾燥すれば治まるという考えは非常に危険です。
また、元々乾燥肌な方が加えてにおいを抑えようとして制汗剤を頻繁に使用したり、わきが専用のデオドラント製品を多用するのは非常に危険です。

 

効果が全く得られない訳ではありませんが、効果は一時的なものですぐににおいが発生してしまいます。
実は乾燥状態になると、肌を外部刺激から保護する為に水分と油分を求めます。その結果、皮脂の分泌量が盛んになり、汗の分泌量も増えます。
皮脂は細菌が繁殖する為の重要なエサ。デオドラント製品や制汗剤を使っても、においがすぐに戻るのは塗布したデオドラント製品の下から汗や皮脂が分泌されてくるからです。

 

つまり、わきがのにおいを抑えたいならただ単に消臭効果があれば良いだけではなく保湿効果も必要になるのです。
今ならわきがの方向けのデオドラント製品も数多く販売されており、殺菌、消臭以外に保湿効果が得られるデオドラント製品も増えてきています。

 

ただ、ムレてしまう程の水分を与えるのはわきがのにおいを悪化させる原因になり兼ねない為、保湿効果を同時に得られるデオドラント製品を使用する事がポイントとなります。適度な保湿をしながら菌の繁殖を防ぎ、消臭効果を加えればわきがのにおいで悩む方にとって強い味方になる事間違いなしです!

 

夏よりも酷い?!梅雨のわきがには要注意!

わきが,ストレス,原因

わきがのニオイが悪化する季節と言えば、どの季節を想像されますか?恐らく皆さん夏をイメージされるのではないでしょうか。夏もわきがで悩まれている方にとっては確かに一番注意しなくてはならない季節です。ですが、実は夏以外にも注意が必要になる時期があります。それは「梅雨」です。

 

梅雨は6月頃ですし、雨が続くので気温もさほど上がりづらくあまり汗をかかないから大丈夫なのでは?と思われがち。しかし、そもそもわきが特有のニオイを発生してしまう原因をご存知でしょうか?わきが特有のニオイを発生してしまっているのは、脇にある汗腺「アポクリン汗腺」から分泌される汗を人の体に必ずある皮膚常在菌が分解する事が原因となります。

 

わきが,ストレス,原因

 

つまり、汗自体は無臭であり雑菌がどれだけ繁殖しやすい環境にあるかどうかがわきがのニオイの強さを左右させています。梅雨の時期というのは気温がやや上昇しやすい季節で、なおかつ湿度が高くなります。雑菌が繁殖しやすい条件が揃ってしまっているのが梅雨なんです。

 

また、梅雨の時期は雨が続き気温が上がりづらい時もあるので少し着込んでいる方も多いでしょう。しかし、屋内と屋外では気温差があり屋内に入った事で汗ばんでしまったりします。わきがのニオイは汗が皮膚常在菌により分解されて発生しますが、分解された汗が衣類に付着してしまうと黄ばみやニオイを発生させてしまう原因になります。

 

常日頃、わきがで悩んでいる方ならお分かりになるかもしれませんが、わきが特有のニオイというのは脇から直接するのはもちろん、衣類もニオイがするのです。まして梅雨の時期は汗ばんで脇の部分が汚れやすくなっています。外出先で着替えられたら一番ですが、なかなか出来ませんよね。アポクリン汗腺から分泌された汗が衣類に付着したまま放置されれば、菌の繁殖が進んでしまってニオイは時間を追うごとに悪化します。

 

そのため、梅雨の時期に関しては少し肌寒いからと言って着込み過ぎると汗をかいてしまう元になってしまいやすく、また菌の繁殖が進みやすいので実は夏より怖い季節だったりもするんですね。

 

わきが,ストレス,原因

 

わきがの症状があまり顕著に表れない軽度、中度の方は夏のわきが対策については考えられていますが、梅雨は軽度、中度関係無く対策を取る事は欠かせません。梅雨の時期、夏よりもマシとはいえわきがに対する対策はまだ良いか〜で済ませてはいけません。梅雨だからこそわきがの原因、ニオイをしっかりとシャットアウトしちゃいましょう。

 

わきがと湿気の因果関係はあるのか?

わきが,ストレス,原因

わきが臭は当事者であれば周囲の視線が気になるでしょうし、反対に周りにわきがの方が居たとしても指摘は出来ませんよね。そんなわきがはどうして起こるのか?まず、脇には汗腺が2種類あり、ここから汗などとして体内から水分を排出しています。汗腺には「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」があり、この内わきが特有のニオイを生み出しているのはアポクリン汗腺です。

 

エクリン汗腺は人間の体全体に点在していて、体温が上昇した時に一定の体温まで元に戻す為に汗を体外に排出しています。エクリン汗腺から分泌されている汗は、水分と塩分で出来ていてニオイはほぼ発生しません。

 

それと違ってわきがのニオイを生み出すアポクリン汗腺から分泌されている汗は、鉄分、尿素、アンモニアなどを含んでいてニオイを発しやすく粘り気があると言われています。

 

アポクリン汗腺は脇以外にも耳の中や陰部などにもありますが、わきがの方は耳の中にも汗腺が数多くある事が多く、耳垢に湿り気があるのが特徴です。もし、自身がわきがかも…なんてお悩みなら耳の中が湿気を帯びているかどうかを確認してみる事も確認するべき項目の一つになりますね。

 

わきがと湿気の関係性は?

これから夏本番!暑くなってくると汗をかく量が増えて、わきがで悩む方にとっては対策に追われる時期だと思います。しかしながら、夏よりも気をつけておいてほしいのが湿度が高くなり気温も上がり始める梅雨の時期なんです。わきがと湿気には関係性があります。わきがそのものは脇のアポクリン汗腺から分泌された汗が細菌によって分解される事でニオイを発生させています。

 

わきが,ストレス,原因

 

それがわきがにどう関係性があるのか?というと、湿気が高い時期は細菌が他の季節と比べて格段に繁殖しやすくなっています。わきがだからと言って、脇汗そのものにニオイが付いている訳ではありません。細菌が繁殖してアポクリン汗腺から分泌された汗を分解する事が原因である為、汗をたくさんかく時期より湿気が増す時期の方がニオイが強くなる傾向があるのです。

 

わきが,ストレス,原因

 

「まだ大して暑くないから汗をそんなにかかないし、大丈夫だろう」と油断をするのは禁物という訳です。湿気が高いとわきが特有のニオイが強くなる事をあらかじめ分かっていたら、わきが臭に対する対策も取りやすいでしょう。また、湿気が高い時期はいつもより体臭が強くなりやすくなりますがあらかじめ対策を行っていても、日頃の生活習慣がわきが臭を悪化させている場合もありますので生活習慣も同時に見直す事をオススメいたします。

 

わきが対策は殺菌作用の高い方法を選べば効果抜群!?

わきがで悩む方にとって、殺菌作用が高くて効果の高い方法があるなら知りたいですよね。まず、効果の高い殺菌方法を知る前に、わきがになってしまう仕組みを知っておきましょう。脇には汗腺が2種類あり、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があります。この内アポクリン汗腺から分泌される汗がわきが特有のニオイの原因になっています。

 

ですが、分泌される汗自体にはニオイはないんです。しかし、皮膚にある常在菌が汗を分解する事でわきがのニオイの原因を作り出してしまうんです。この皮膚常在菌を「ジフテロイド菌」と言います。あまり症状が悪化していないわきがの方にある皮膚常在菌は「表皮ブドウ球菌」です。表皮ブドウ球菌はお肌を弱酸性の状態に保ち、外部から雑菌が侵入しようとするのを防ぐ役割を持ちます。

 

また、重症のわきがの方と比べてわきがのニオイの原因となるアポクリン汗腺の働きが活発ではない為、わきがのニオイがそこまで酷くなりません。逆に重症のわきがの方はアポクリン汗腺の働きが活発で、なおかつ皮膚常在菌がジフテロイド菌の場合が多く、ジフテロイド菌はとても強力な菌の為殺菌も難しいのです。

重症のわきがも治せる効果抜群の方法とは

殺菌作用が高く、重症のわきがも治してしまうのが「塩化ベンザルコニウム」です。とても強い殺菌作用を持つ為、重症のわきがの方を悩ませているジフテロイド菌も殺菌する事が可能です。ただし、副作用もあってあまりにも強力過ぎる故に他の身体に悪影響を与えていない菌までも殺菌してしまいます。体を守ってくれている表皮ブドウ球菌なども殺菌してしまうので、お肌が外部刺激にさらされてしまうのが難点ですね。

 

使用される時には自身のわきがの状態に合わせてご使用下さい。また、スプレータイプのわきが対策商品だとわき以外の場所にも散布してしまいやすく、他の場所の菌まで殺菌してしまうので使う際には場所を選べるクリームタイプがオススメです。ジフテロイド菌は非常に強力な菌ながらも、一度殺菌すればしばらく回復はしませんので毎日塗布する必要はありません。

 

軽度から中度のわきがで悩まれている方にとっては、殺菌作用が強すぎる為重度ではない方はアルコール成分を含んだシートで拭き取る事でわきがのニオイを軽減する効果があります。使用方法さえ間違えなければ塩化ベンザルコニウムはわきがのニオイに悩む方にとっては、救世主になってくれます。

 

様々なわきが対策がある中でなかなか効果が得られずに悩んでいる方なら、一度試して頂きたい方法ですね。殺菌作用が強い為、使用方法には注意を払って下さいね。

 

わきがを悪化させない為に知っておきたい!制汗剤の正しい使い方

わきが,ストレス,原因

 

夏真っ只中になると汗をかく量が普段より増加してわきがの方にとっては辛い季節になりますね。
気になるにおいを抑える為に様々なデオドラント製品が販売されている中、わきがのにおいの原因である、脇汗を抑えるのに欠かせない「制汗剤」はわきがで悩む方にとっては手放せないのではないでしょうか。

 

ですが、わきが特有のにおいを抑えるつもりが誤った使用方法をしてしまった事でにおいを悪化させてしまっているかもしれません。そこでこれからの季節欠かせない「制汗剤」の正しい使い方を知っておきましょう。

制汗剤の効果を最大限に活かす!正しい使い方とは。

制汗剤はわきがの方でもそうじゃない方でも夏になれば手放せない!なんて方も多いですよね。ですが、あなたは制汗剤の正しい使い方を知っていますか?
愛用している方は多いにもかかわらず、正しい使い方を知らない方も多いのです。まず、わきがの方は特に間違った使い方をしているとにおいを悪化させてしまいかねませんので、注意が必要です。

制汗剤は必ず汗を拭き取ってから使用する

制汗剤と一言で言ってもスプレータイプ、シートタイプなどがあります。制汗剤は汗をかいている状態の上から使用しても、残念ながら期待する効果は得づらいです。シートタイプならわきがの方向けに殺菌、消臭効果を同時に得られるタイプも販売されていて、汗を拭き取ると同時に制汗剤の役割も果たしてくれますのでおススメです。

制汗剤は夜に付けるべし

これを間違っている方が実は多いのです。制汗剤を使う時は外出前、朝起きてから…なんて方が多いと思います。ですが、制汗剤の効果を最大限に活かす為には夜お風呂に入った後に使うのが一番効果的なんですよ。制汗剤はまず、汗を拭き取ってから使う必要があるとお伝えしましたがそれは汗と一緒に皮脂や汚れを拭き取る必要があるからです。なので、夜お風呂に入った後に制汗剤を使えば肌が綺麗な状態で使う事が出来ますから、お出かけ前に使うよりも効果的なんです。

付けすぎは逆効果!

いくらわきがのにおいが気になって抑えたいからといっても、使い過ぎは厳禁です。制汗剤は肌に必ずある常在菌を死滅させてしまう事があります。常在菌は外部から侵入してくる悪玉菌と戦ってくれるので、あまりに制汗剤を使い過ぎて常在菌まで死滅させてしまっては悪玉菌の繁殖を助長させる事になるんです。「制汗剤を使用しているのに何だかにおいがする…」という方は、もしかしたら使い過ぎが原因かもしれません。わきがのにおいを抑えたいなら正しい使用方法を覚えて、気になる汗を抑えていきましょう。

 

 

>>返金保証付のわきがクリーム一覧はこちら<<

 

 

>>もっと【わきが】の知識を知りたい人はコチラ<<

関連ページ

ワキガに違いないと噂されている有名人とは。
キガに違いないと噂されている有名人の中で、一番知られているのがキム○クです。噂ではわきがケア商品で臭いを抑えているとか、手術済だとか様々な噂が出てきては騒がれているスターです。
わきがを改善する為に脇毛を処理するべき?脇毛の処理方法
わきがを治す方法は、実はすごく簡単な事だったのです。手術や薬、デオドラントクリームなどワキガを治す方法は多岐に渡りますが、実は漢方や脱毛等でもわきがを改善する事が出来ます。わきがを治す8つの対策をご紹介します。