わきがは遺伝するは本当?ニオイに対する怒りを考える

わきがを治す方法,対策,改善

 

母がわきがでした。自覚していて気を配っていたせいか、母にわきがの臭いを感じた事はありませんでしたが、わきがは遺伝するというので気を付ける様に言われていました。学生の時の運動部で、一度友人から汗臭いと言われてショックを受けた事がありました。みんな自分の事を臭いと思っているんだと思うと、とても不安にもなりました。

 

それ以降、運動着のわきを部分漂白して洗濯してもらい、あとはまめに制汗剤を使用して気を付けてきました。社会人となり百貨店で販売の仕事に就きました。制服はブラウスでしたので、毎日着替えて洗濯していました。どうしても黄ばんでくるので、母がしてくれていた様にわきを部分漂白して洗濯していました。数年するとワンピースタイプの制服に変更になりました。

 

以前のブラウスの様に気軽に洗濯する事が出来無くなりましたが、それでも2、3日着たら着替えていました。休憩中は汗シートで拭き取ってから制汗剤を付けたり、新しい効果が期待出来そうな新商品が出たら試したりしてきました。ある時、お客様から苦情が入りました。あんな不潔な人間を雇っているデパートには行きたくないので辞めさせろ、という内容のクレームでした。

 

同じフロアの別売り場で働いている女性に対してのクレームでした。接客中に臭くてとても不快で苦痛な思いをさせられた、というのです。ほとんど話した事はありませんでしたが、その女性のわきがの噂を聞いた事はあり、実際近くで臭いを感じた事もありました。本人にどのくらいの自覚があり、どのくらい気を付けていたのかは分かりませんが、こんなクレームが入るのだと驚きよりも恐怖を感じました。

 

お客様はその臭いだけでクレームを入れたのか、他にも何か不満があったからなのかは自分には分かりません。でも、臭いだけでそこまで怒る人がいるという現実にショックを受けましたし、明日は我が身の心境になりました。どんなに気を付けていても臭ってしまう時はありますし、そうなるともうどうする事も出来ません。そんな時代なのだと受け止めて、自分に出来るニオイ対策をしていくしかないのだと思うのでした。

 

自覚がないのが一番達が悪い

ワキガにはこれだけのパターンの人が存在します。

 

  1. 自覚がない上に誰も指摘をしない。
  2. 自覚がなかったけれど周りから指摘されたことでケアをしている。
  3. 周りが指摘をしても気にならず悪臭を放っている。
  4. 自覚があるけれど気にしないのでケアしない。
  5. 自覚があり自ら徹底してケアを行ってる。
  6. 自覚があるけれど制汗剤を使用する程度で改善されていない
  7. 手術

 

好きで腋臭体質に生まれてきたわけではないのはわかります。周りに迷惑をかけていると素直に認識し、徹底したケアを行うことにより悪臭は抑えられるので、努力をしている人には私も好意的です。達が悪いのは、自分の臭いに鈍感で気がつかない人。そのくせ、周りに臭いのキツい人がいたら、「あの人臭い」とバカにします。

 

実際に私の周りにもそういった身の程知らずがおりました。ひどいワキガなのに、誰も注意をしてこなかったからか、本人は自覚がない。自覚がないのでケアをしない。悪臭を放ちながら勤務。職場にはひどいワキガ臭がただよう。本人に直接指摘をすればいいのに、誰も言えないものだから、陰で噂をするようになる。噂が悪口に変わり、社内いじめが始まる。

 

本人は、なぜ嫌われているのかがわからないので、会社に居づらくなる。同じような理由で会社を転々とする。自分側に原因があるのではと気がつけば、もしかしたら体臭かもしれないと勘が働くものですが、なにせ何十年生きてきてもワキガの自覚がないほど鈍感なので、気がつくわけがない。本当におめでたいというか呆れます。自分をいじめる同僚が悪いと逆恨みだけは立派。

 

あまりにイライラするので、ある日ハッキリ言ってやったんです。「重度のワキガだよ。臭いが強すぎて具合が悪くなる」と。呆れた返事がこうです。「ワキガ体質だと誰にも言われたことがなかった。みんなはやさしいから言わなかった。」言わないことがやさしいのなら、今ごろどん底にいないですよね?誰かがもっと早く言ってやり、本人も素直に受け入れる人間だったら、違う人生を歩いていたはずなのに。

 

手術なしでもわきがの悩みを解消!

まさか、私がわきが!?
数年前のことです。当時、一生懸命運動していたのですが、その運動仲間から、ある日突然、電話がかかってきて、わきの臭いがきついよと言われました。
それだけではなく、みんなイヤな思いしてて、何とかしてほしいっていうのよね。と。

 

何とかしてって、私がわきが?
突然のことにショックを受けました。そのこと自体もショックなら、運動仲間から言われたこともショックであり、そこで噂になってるということにもショックを受けました。ネットでいろいろ調べながら、本当にわきがなんだろうか、自分ではよくわからなかったのですが、運動しても途中で脇を洗ったりしながら、努力はしてみました。

 

それでも、「手術」という言葉までその運動仲間が言ってきたのです。みんなでカンパして手術受けられるようにしようかと考えたけど、そんな安い額でもないし・・と。そんな人の体のことをなんだと思ってんだ!と半分は怒りに変わっていました。お金もかかることだし、手術っていうのもなんだか怖い。なんとかして克服する方法はないだろうかとネットで探しまくりました。

 

クリスタルストーン

何時頃からか、私も自分でわきがを自覚するようになり、人の見ていないところで脇の臭いをかいで臭ってないか確認したりもしました。デオドラント製品はいろいろありますが、それじゃあ、一時しのぎのスプレーや塗るタイプのものも、わきがの臭いと混じってよけい悪くなったりもします。

 

そんな中で出会ったのが、クリスタルストーンという自然の塩からできたものです。これを脇に塗ることで、雑菌がなくなり、臭いがシャットアウトできるというものです。シャワーのあとには必ずこれを塗るようになりました。

 

そうして運動にも復帰しましたが、だんだんとイヤな声は聞こえなくなりました。そしてまた楽しく運動をすることができるようになったのです。ただ、服にしみついた汗、わきがの臭いというのは、なかなか取れないものですね。洗濯したはずの服から臭ってびっくりしました。もう一度洗いなおすか、漂白剤などで殺菌すると臭いもしなくなります。

 

クリスタルストーンのほかにもいろんな対策があると思います。自分に合ったものを選ぶのがポイントですね。手術ですっきりしたいというのであれば、それも一つの選択だと思いますよ。

 

遺伝するワキガを悔やんでも仕方がない

思春期あたりになり、自分がもしかしたら「ワキガ」ではないかということに気が付きました。病院を受診したわけではないので、診断はある意味自分です。しかし、決定的な証拠としては父親が「ワキガ」っぽいのです。「ワキガ」が遺伝するということを、母親から聞かされました。父親もずっとニオイで悩んでいたとも聞きました。

 

当時、中学生だった私は、何度も父親を攻めました。「ワキガ」のせいで部活ができない。友達と遊べない。汗をかきたくない。体育が受けれない。
こんな悲観的なことばかり思っていました。父親が嫌いでした。そして、母親は私の「ワキガ」において消臭活動のために、汗ワキパッドやミョウバン水、制汗スプレーなど、たくさんの商品を準備してくれる毎日でした。

 

さらに、黄ばんだ体操着を新しいものと変えてくれたりと一生懸命に「ワキガ」対策を応援してくれていました。とにかく、汗をかいたら清潔にしなければ、すぐさまニオイに変わります。常にトイレに隠れて、制汗スプレーをして過ごしました。ニオイにおいて過剰なほどに反応をしていました。こんな大変な日常から、何度も手術を考えました。でも、傷跡や再発を恐れた両親は大反対でした。

 

こうしてつまらない中学時代を過ごしましたが、高校に入ってガラリと変わる日が訪れたのです。それはデオドラント製品との出会いでした。今までは、銀イオン配合がもっとも効き目を感じていた商品だったのですが、柿タンニンの成分が私には合っていることが分かりました。

 

消臭効果・殺菌効果・持続力といい、抜群でした。そして見事に私の悩ましい「ワキガ」を撃退してくれました。高校生活は柿タンニン配合のデオドラント製品で、明るく楽しく過ごすことができました。いまでは、父親と一緒に愛用しています。そして、長い間、遺伝を恨んでいましたが、今では父親にも産んでくれたことを感謝しています。

 

ワキガだった彼氏

私が大学時代に付き合っていた彼氏がワキガでした。付き合う前は全然ワキガだということに気づかなかったのですが、付き合って一緒に居るようになってから気が付きました。初め、なんかくさいなとは思っていましたが、まさか彼氏だとは思っていませんでした。しかしやはり一緒に居ると必ずにおうことに気付いてしまい、彼氏がワキガであることが判明しました。

 

隠すそぶりも気にしているそぶりも見せないので、彼は恐らく自分がワキガだということに気付いていないのだと思います。私はもともとにおいフェチで、衣服からにおう柔軟剤の香りとか、ふっとにおってくるシャンプーの香りがたまらなく好きでした。そんなにおいフェチの私にとって、彼のワキガのにおいはとても耐えられるものではありませんでした。私は彼のことがとても大好きだったので、我慢し、気にしないようにしようと心がけました。

 

しかし気にしないようにしようとすればするほど気にしてしまい、そのうち一緒に居ると、楽しいとか好きとかではなく、ただただワキガのことばかり気になってしまいました。そして、においに耐えられなくなり、一緒にいる時間が徐々に減っていきました。そんな私に彼は、とても戸惑い悲しんでいました。「おれ何かした?」とよく言われました。しかし、まさかワキガが嫌なんてこと言えるはずもなく、そのまま自然消滅のような形で終わってしまいました。

 

一目惚れで自分からアタックして付き合えたのに、まさかワキガだなんてことで別れるなんて、思ってもいませんでした。周りにも「何で別れたん?」と沢山聞かれましたが、誰にも言えませんでした。私にとって、においはとても大事なのです。しかしその後ネットでワキガについて調べると、なんと治るらしいのです。もっとはやくそのことを知っていればどうにかなったのかな、とも思ったりしました。

 

夏のわきがは臭いが強烈

私が以前勤めていた会社の話です。ある人の臭いがきつくて苦情がでるほどでした。その人の横の席にいる女性社員は一年を通じて常に「マスク着用」をしていました。私もその人の臭いがダメで冬でも換気を理由に窓全開にしていました。臭いがこもる印刷室とかに行けば、臭いが染みついてしまい、換気しても一時部屋に入れないほどでした。

 

何年か経ったある日、他の部署のお偉いさんに「臭いが酷いので何とかしてほしい」と訴えました。正直業務に支障が出るほどの悪臭に近い感じでした。数日したら悪臭がグレードアップしてました。なんと「臭いを匂いで消す。」わきがの臭いをきつい香水でごまかしてきたのです。しかも甘ったるい感じの香水で、吐き気がでるようでした。耐えられなくなった他の人が注意しました。「香りでごまかさず、ちゃんと風呂に入れ」その人はあることで有名でした。

 

会社の寮で生活しているのですが、同じ寮に住んでいる人は「お風呂場で姿を一度も見たことが無い」そうです。夏場の暑い時期にお風呂にも入らず、体臭・加齢臭・わきが・きつい香水の匂いそれがミックスされているです。そんな環境の中、私は部署異動で、最悪な事にその人と同じ部署で、隣の席になってしまいました。冷房を付けても暑いらしく、うちわで扇げば私の方に臭いがやってきます。

 

嫌味の様に、消臭剤を机に置いて「くさいんですけど」アピールをしても全然効果ありませんでした。「マスク着用」は当たりまえでした。周りからは「かわいそうやなあ」そんな言葉すら言われてしまってました。どんなに周りが改善を求めても、当の本人は全く改善してくれません。会社を辞めた今でも、後輩から「まだ臭いんです!」と愚痴を言ってくる程です。本人の意識改革をしない限り、わきが等の臭いは解決されないと思いました。

 

私のわきが体験談です。

わきの下のアポクリン汗腺から分泌された直後の汗にはにおいはありませんが、細菌により分解されることによりにおいを発するようになるのだそうです。わたしがはじめてわきがかなと思ったのは、中学2年生のころだったと思います。思春期になるとこの症状が現れるのだそうです。漢字で書くと腋臭症(えきしゅうしょう)というのだそうです。もちろん、汗を多くかく夏はひどいです。

 

Tシャツは何回か着ると黄色いしみができてしまいます。裸のままいるとそれほどの匂いはしませんが、シャツなどを着るとシャツに汗はしみこんで、それが乾燥してくるといやなにおいがします。特にひどいのが化学繊維のシャツを着ているときです。速乾タイプのシャツが今は多く出ていますよね。かっこいいプリントもあったりしてよく買ってしまうのですが、それがひどい。とんでもないにおいになります。思春期に発症するということで、年をとってきたら落ち着くのかなと思っていましたがそんなことはないようです。

 

制汗剤でごまかすのですが、それでもやはり匂ってしまいます。夏場は最低2回は着替えます。ミョウバンがわきがにいいと聞いて、ミョウバンを使った製品を買った時はとてもよく効きました。商品名は忘れてしまいましたが、小さなスプレータイプのもので、確か2000円くらいだったと思います。3日間くらいは効果が持続して、大変良かったと思います。いまは普通の制汗剤を使っています。

 

最近は男性用の消臭剤がたくさん販売されていて、香りや持続性でいろいろ選ぶことができます。このにおいのために人前に行くのが億劫になった時期もありましたが、消臭剤のおかげで何とかなっています。世の中にはたくさん腋臭で悩んでいる人がいるそうです。

 

わきがの臭いについて

ワキガは夏になると臭いが目立ちやすくなります。私は学生で高校に通っているのですが、私の友達にワキガの子がいて、体育の後とかとても臭くて一緒にいるのな苦痛です。しかも、友達は自分の脇が臭いのに気づいているのか、ワキガの臭いの上からきつい臭いの香水をシュッシュッってしています。ですがそれは、逆効果で臭いがひどかなって鼻が麻痺するくらい臭いんです。

 

友達なのでワキガについて言ってあげたいけど、それを言ったら失礼だし傷つくので我慢しています。ワキガは香水をつけたらもっとワキガの臭いが、酷くなると親が言っていたので友達に教えてあげたいけど、どうしたらいいのかわかりません笑

 

ワキガの臭いはお酢のような酸っぱい臭いがします。また、汗の臭いとは別で独特の臭いがします。その臭いは人が後ろに通っただけで臭ったり、ワキガの人が一緒の部屋にいるだけで部屋が臭くなる、くらい臭いがきついんです。

 

また、ワキガの臭いには種類があり、人それぞれ違います。また、臭いも個人によって違います。私がさっき言っていた香水をつけることによって、臭いがどんどん強くなります。また、ワキガがある人は自分の臭いに気づいていないことが、多いようです。ワキガの原因は遺伝もあるようです。私はそれを聞いてびっくりしました笑

 

ワキガまでもが遺伝するなんて意外すぎてびっくりです。ワキガは耳垢でワキガかどうかわかります。耳垢が湿っている人はワキガの可能性が高いです。また、ワキガは人に感染してうつるという噂もありますが、それは嘘です。また、精神的ストレスや食生活がワキガの臭いを強くしているそうです。なので、食生活などに気をつけましょう。ワキガを完全に治すには治療が必要です。ですが、ケアをすれば臭いは隠せるので毎日ケアが必要です。

 

真夏の満員電車でワキガはきつい

わきがを治す方法,対策,改善

 

私は背が低めなので毎朝の満員電車での通勤時にわきがの人がいるともうどうしようもなく辛いです。男性がつり革を掴むために腕を挙げていてわきがの人だとちょうど私の顔をワキガが直撃します。特に夏場は電車の中は冷房が効いていても駅のホームなどの待ち時間や外で既に汗を大量にかいている人が電車に乗ってくると冷房の風にのってワキガの匂いも周囲に拡散される気がします。

 

私の駅に来る頃にはもう電車は満員に近くなっていてとてもではありませんが自分のスペースを確保したり臭い人を避ける余裕はありません。運悪くわきがの人の近くになってしまうこともしばしばあります。本人達は自覚はないのでしょうか?不思議でしょうがありません。自覚しているなら何かしら匂い対策をしてもらいたいです。あからさまに臭い!という素振りもするわけにはいかないですしとても困ります。そこで私はなるべく鼻で息をしないようにして匂いを嗅がない様にしているのですが生理の時など匂いに敏感になっている時には吐き気さえもよおします。

 

ただでさえ満員電車での通勤は辛いのにその上にワキガの人までいるなんてはっきり言って犯罪なんじゃないかと思うこともあります。だから真夏の通勤電車はある意味恐怖です。電車だけが問題ではないですが他の場所なら遠ざかることがえきますが満員電車ではどうしようもないです。でも以前に本人は気づいていないと聞いたことがあります。

 

もしそうだとしてワキガも病気だとしたら申し訳ないですがでも周りにかけている迷惑ははんぱないと思うんです。誰かが教えてあげてワキガ対策してもらいたいです。口臭も同じですが周りの人に迷惑をかけるのはよくないですよね。大人としてのエチケットですよ。

 

ワキガについての体験談、また聞いたこと。

私がワキガについて知っていることをいくつか話したいと思います。まず、部活動の先輩から聞いた話です。私はサッカーをしているのですが、練習を終えてシャワーを浴びます。そのあとタオルなどで体を拭いた後に、少なからず体に香水を振る人はいると思います。もちろん香水をしない人もいますが、その香水の振り方でワキガのなるそうです。

 

多くの人は、体、首、手首に振ると思いますが、時々わきに振る人がいるそうです。それをしてしまうとワキガになりやすくなってしまうそうです。たしかに、ワキガの人(自分では気づいていない)は、よくよく観察してるとシャワーのあとわきに香水をしていました。先輩から聞いたことなので根拠はないですが、あまりそのようなことは、しない方がいいのかなと思います。次に、食生活についてです。

 

私は海外に二年ほど住んでいました。そこで、その国で友達ができ遊ぶようになり、お泊りなどもするようになりました。そこで、気づいたのが、ほとんどの人が、シャワーを浴びた後臭いということです。鼻が痛くなるようなツンっとした臭いがしました。ワキガです。普段は香水などをして何とかなっていますが、シャワーの後は本当に、臭かったです。そこで、なぜ外国人はみんながみんなワキガなのか疑問に感じました。

 

一緒に生活する中で、一つ気づくことがありました。それは、毎食毎食お肉を食べるということです。現地にいる日本人の方にこの話をしたところ、やはりお肉を食べる生活が、ワキガにさせてるそうです。実際に、日本人のように、魚や野菜などを食べることは、あまりありません。だから、ワキガの人が外国人の方に多いというのはこのような理由があるからだとわかりました。このように食生活を気を付ければ大丈夫だと思います。

 

 

>>返金保証付のわきがクリーム一覧はこちら<<

 

 

>>【わきがを治す方法】を知りたい人はコチラ<<