ずっと生活の支障になっていたワキガ・・・でも決意してよかったです。

私が「わきが」と自覚したのは、小学生のときでした。汗をかくとわきの下からツンとした臭いが出て、何か人と違うな?と感じるようになりました。その臭いは独特な臭いがして一度汗をかくと消えることなく持続しているのです。そして今度は洋服から臭うのです。中学に入学し、部活が始まり通学から朝の部活にも、朝から汗をかき、汗をかかない日はありませんでした。

 

その頃から自覚し、常にスプレーやフレグランスなどで臭いを消そうと努力をしていたものの、臭いを完全に消すことはできませんでした。また白いシャツにも黄色く汗じみができたり、制服もなかなか洗うことができず、ずっと気にしながら生活していました。高校に入り、彼氏も欲しい・・・いろんな生活に「わきが」のことが常に頭にあり、部活にも恋愛にも億劫になり、生活に支障となり、次第にストレスに感じるようになりました。

 

高校を卒業してからも、随分長い間悩みました。その結果、とにかくこの臭いを完全に消したい!その気持ちが強まり、次第に意志が固まりました。そこで、治す方法と向き合ったときに手術しかありませんでした。手術なら完全に治ること臭いからも完全に開放されることを確認し、意を決して手術に挑みました。おかげさまで、手術も無事終わり、あのツンとした臭いから完全に開放されました。

 

臭いが消え、解放されたことを実感した瞬間は本当に涙が出るくらい嬉しかったです。以後、臭いに悩まされることも、配慮することもなく、快適な生活を送っています。今でもまだトラウマ的な気持ちになることがありますが、わきの下を自分で臭ってみて、臭ってないことを確認することがあります。あの時、本当に手術を決意してよかったと今でも思います。

 

わきがはどのような特徴の人がなりやすいのか?

日本人は、他国に比べて清潔好きなため、わきがに悩んでいる人たちは、多いそうです。わきが体質の人なら、自分がなぜこんなにわきがに悩まされているのか、気になったことはあると思います。さて、どのような特徴をもった人たちが、わきがになりやすいのでしょうか?まず、わきがが起こる原因から説明していきます。脇にはアポクリン腺という汗腺が存在します。通常の汗腺から出る汗は、汗臭いと感じるだけで、異臭は発しません。

 

しかし、アポクリン腺は粘り気をもった黄色い汗を発するのですが、その汗がわきがを発症する原因となっています。ちなみに、わきがは意外にも、男性より女性のほうが多いんです。それは、理由は二つあります。一つ目は、女性のほうがアポクリン腺の数が多いからです。二つ目は、アポクリン腺はホルモンにも影響しているからです。女性は月経があるため、ホルモンの働きが複雑になっています。そのため、女性のほうが、ホルモンのアポクリン腺への影響が、大きくなるのです。

 

わきがは、食生活や運動などの生活習慣とは関係ありません。遺伝によって起こります。つまり、家族や親戚にわきがの人がいると、自分もわきがになる可能性が高くなります。そのため、わきがになってしまうのは、仕方のないことだと言えるでしょう。また、わきがは耳垢の特徴とも関係しています。わきがの原因となるアポクリン腺は、耳にも存在しています。

 

耳垢には、乾燥タイプとねっとりタイプがありますが、それはアポクリン腺からの分泌量が影響するためです。アポクリン腺からの分泌量が多いと、ねっとりタイプになり、少ないと乾燥タイプになります。よって、わきがはねっとりタイプの耳垢の人に多いと考えられます。それから、腋毛の量も判断する目安となります。一般的には、腋毛の量が多い人ほどアポクリン腺が多い傾向があります。

 

そのため、自分の腋毛の量が多いと感じている人は、わきがの可能性が高いでしょう。以上により、自分がわきが体質かどうかは、ある程度は判断することができます。自分がわきがだとわかってしまっても、深く悩まずに対策法を考えましょう。

 

気づいてしまったら、即対応??

私は、40代後半に入るまでは全くワキガに悩むことはありませんでした。ところが、通常通り接客業の勤務をしていた後に、ホッとしたのもつかの間何か違和感を感じました。「この嫌な臭いは…?あれっ?もしかしたら私…?」と自問自答をしながら急いでトイレに駆け込みました。そして、自分の服の臭いを嗅いでみて、どうして…?愕然として頭が真っ白になってしまったのです。

 

そこで、まず深呼吸をして冷静さを心がけながら、以前どこかで読んだワキガ対策を思い出しました。確か脇汗は無臭ですが、肌にいる雑菌が汗に含まれる成分を分解して嫌な臭いを発生されるはずなので、とりあえず手持ちのハンカチを水で濡らして脇の下を清潔に保つようにしました。すると、一時しのぎですが臭いを感じなくなりホッと胸を撫で下ろしました。

 

ところが、ワキガを感じてしばらくたった頃、また自分の臭いを感じてしまいました。その頃は、すでに朝と昼休みには脇を濡れティッシュで拭いて、清潔さを保つように配慮していました。それなのにまたワキガが臭ってしまうのは、何故?と不安になりました。

 

あれこれとよく考えてみたところ、接客の際に慌ててしまい冷や汗をかいた後や、前の日に焼肉をたくさん食べた時に臭いを感じたように思い当たりました。そこで、なるべく野菜中心の食事に切り替えて、お肉の食べる量を減らしました。また、万一の場合も想定して、この日からワキガ対策としてデオドラント効果のあるクリームタイプを朝脇に塗ってから出勤するようにしました。

 

このデオドラント商品は、1日1回で大丈夫というものですが、なんとなく不安があり私の場合は服の臭い取り効果のあるスプレーもしています。ここまで対策をしているからなのか、現在のところワキガに悩むことはなくなりました。ですが、1度ワキガ対策を始めてしまいましたので、デオドラント効果のあるクリームを毎朝塗るなどの行為を止められそうにありません。さすがに手術をしようとは思ってはおりませんが、不安なく生活していくためにも清潔さを保つことは続けていくつもりです。

 

同僚の脇のにおい

私は建設業に勤めています。そこで一緒に働いていた1つ年上の男性従業員の話です。私たちの仕事は外なので冬場は長袖を着て厚めの上着を着ているのでそんなに匂いを感じないのですが、夏場は朝から凄いです。車で迎えに行って乗った瞬間から少し酸っぱいようなツンとする匂い…たぶん洋服に染み付いた匂いだと思います。私も社長も窓を少しだけすかして開けて現場まで行きます。

 

そして現場に着くとお互いあちこち作業をするので離れてるのですが、その人がどこを通って行ったっていうのがすぐわかるくらいの匂いが現場中に漂っています。そして夏場の住宅のベランダ…死にそうになります。ベランダの中は屋根からの熱気と通気からの熱風でただでさえきついのにその人がわざわざ狭いベランダに入ってきます。

 

そして物凄い匂いが私の目と鼻を襲います。目はシャバシャバして涙が出てきて鼻は鼻奥の粘膜をチクチクついてきます。でも本人はいたって普通。周りにいる私や社長だけが涙目になっています。そのうち社長もどんどんイライラしだします。なぜかというと仕事がとにかく遅いため常に社長の横にいて匂いを出し続けてるからです。そして我慢出来なくなった社長が「ちょっと遅いぞ」っと注意すると匂いはMAX!

 

ネットで調べたら怒られたり緊張したりすると脇のアポクリン汗腺が分泌されてもっと臭くなるみたいです。それからは絶対横に居れない匂いに変わります。私もそれまではイライラしてなかったんですがあまりの匂いと仕事の遅さに次第にイライラしてしまいますが、表に出ないように我慢しているので無言。

 

片付けの時も離れてますが臭い。車に乗る前に洋服を着替えてますが、すでに臭い。帰りの車の中では外気温が35℃以上でも窓は全開。クーラー全開で走って帰ります。周りの車からも見られています。でも本人もなんじゃなく後部座席に座っています。当然、車の中ではみんな無言です。あの匂いは、今まで何人かのワキガの人に出会ってきましたが越える人はいません。

 

わきがは本人は気づかないことが多い

わきがで悩んでいる友人がいます。その友人とはよく遊びに行くことも多かったのですが、いつも臭いがしてました。正直臭いはきつく、車で出かけるときは必ず窓を開けていました。とはいえ、友人ということもありますし、臭いに関してはデリケートな問題とも思い、ずっと言えずにいました。ある日、私の知り合いが友人と一緒に車に乗ったときに、臭いについて触れてしまったのです。

 

ところが、友人は自分のことだと思っておらず、言われれば確かに臭うね、くらいにしか思ってなかったそうです。とはいえ、私だけでなく、周囲にも臭いで困る人もいるのではないかと思い、私から友人に相談しました。はじめはショックを受けていたように見えましたが、ただ、それで周囲に迷惑をかけているのだと思ったのが効いたのが、真剣に話を聞いてくれました。

 

そこからは本格的に改善するために努力してくれました。まずは病院に行ったそうです。ドラッグストアなどでもケア用品はたくさんあり、いろいろ試そうと思ったらしいのですが、インターネットなどで調べる限り、一番手っ取り早いのは病院に行くことだということでした。どこに行ったかというと、皮膚科だそうです。強めの制汗剤を処方され、体質改善の話をされたそうです。

 

お肉や乳製品など、動物性のたんぱく質を多く摂取すると、臭いがきつくなるということらしいです。確かに友人は焼き肉が好きで、よく食べていました。また、体質改善とともに、ダイエットするようにともいわれたそうです。その友人は見てわかるくらい太っているのですが、肥満体系の人はわきが体質になりやすいんだそうです。

 

その後ですが、わきがの臭いが全くなくなったわけではないですが、以前よりはかなりましになりました。特に変化があったのは食生活です。あんなに焼き肉が好きだったのに、今ではあまりお肉を食べたいと言わなくなりました。また、その影響からか少し痩せてきたように見えます。ダイエットサプリなども試しながら、体質改善に取り組んでいるとのことです。どうやら、完全に治すには手術が必要だとか。ただ、わきがの友人と一緒にいる私の感覚では、体質改善と制汗剤で日常生活は問題なく過ごせると思います。

 

もし自分がワキガならどうするか

学生時代に国際交流サークルに所属していたため、外国人との会う機会が多くありました。アジア人系だとあまり気になることが無かったのですが、ヨーロッパ系だとかなり高い確率で体臭のきつい方々に遭遇するのです。特に脇の匂いは強烈でした。数メートル先からでも分かるのです、あの人だと。そんな人にハグを求められるのはちょっと遠慮したいと思ってしまいます。

 

こんなこと思ってはいけないのですが、私以外のは国際交流の経験がある方は思い当たる節があるのではないでしょうか。こうゆうのはご自身では気づかないものだと言いますし、こちらから指摘したところで特に解決に至る訳ではないでしょう。当時は呼吸を最小限にとどめてコミュニケーションに徹していました。私自身海外経験は乏しいので、本場ではどうゆう対応をするのかは不明ですが、少し興味があります。

 

ちなみに周りの方も私と同じように少し呼吸をひそめてコミュニケーションをとっていました。表情にあからさまに出す人もいましたが、誰もその強烈な匂いについては触れずに過ごしていました。その話題はタブーだと視線だけで会話した気さえしました。昔テレビで元バレーボール部の選手が話していましたが、外国人選手と試合をする際やはりその強烈な脇の匂いが激しく気になったと語っていました。

 

バレーボールはレシーブやブロックの構えで両腕を上げることも多い上、袖のないユニフォームを着用している場合が大多数です。外国人選手が腕を上げ立っているだけで匂ってくるようで気持ちを削がれると言っていました。

 

ワキガを自分にとって嫌な体質と取るか、スポーツの場面での有効なプレッシャーと取るか、はたまた全く気付かずに自身はのほほんと過ごすのか。どんなタイプのワキガの方を前にしても、自分がもしワキガなら必ず気づいてケアをしたいと思うのは日本人的な発想なのでしょうか?これを個性として受け取るにはハードルが高すぎると思ってしまいます。

 

臭い対策にも格差社会

ワキガって遺伝ですよね。食事事情が欧米化した事も要因等と言われていますが、遺伝子恐るべし、湿った耳垢の人はほぼ確実にワキガなので、世の為、人の為に、消臭を心がけて頂きたいです。自分がワキガ体質で、強烈な臭いを放っていると認識できている人は、デオドラントに気を配り、社会と共生していきますが、認識出来ていない人が問題です。

 

ワキガの方々は、小さい頃から片親または両親ともにそういった臭いを発している中で育つので、その臭いに慣れているのか、違和感を感じないのかもしれませんね。違和感を感じないので、消臭もしないのかもしれませんが、電車の中やエレベーターの中の残臭にノックアウトされた経験のある人もいるのでは無いでしょうか。

 

最近、洗濯柔軟剤がスメルハラスメントだと言う記事を読みましたが、確かに香りには個人の好みも有り、万人受けする香りは無いかもしれませんが、ワキガは間違いなくスメルハラスメントで、ほぼ万人が嫌なのでは無いかと思います。臭いに敏感な女性ならお分かりでしょうが、体調の悪い日に強烈なワキガなんて嗅ごうものなら、吐いてしまいそうですよね。

 

海外の方にワキガの体質の方は多いですが、外資のマネージメントとして来日する様な人たちは、口臭・ワキガを徹底してケアし、少なくとも人を不快にする様な臭いは発しません。教育を受けていない、所謂労働力として来日された方々は、臭いを放置する傾向に有ると思います。

 

日本人にも当てはまることですが、「放置せずに臭いをケアする」・「臭いを放置したままにする」事と、「教育を受けている」・「教育を受けていない」には関係性が有ると思います。要は、教育を受けて人を動かしていく様な人は、人とコミニュケーションを取り、何かを成し遂げなければならないので、人間関係を円滑にする為にも、口臭・ワキガ対策は人と接する上での最低限のマナーです。

 

労働力として黙々と軽作業を続ける人は、人に言われた事をこなせば良いので、臭い対策など必要無いのかもしれません。格差社会は臭い対策社会でもあるのかもしれません。

 

ワキガは笑いながら公表できる時代に。

ただただ遺伝で自分の気持ちとは裏腹に受け止めるしかない、わきが。今となってはもう慣れました!笑 慣れるものではないと思いますが、ネットで検索し、たまたま自分に合うわきがの製品を知れたのでこれ以上はどうしようもない諦めも入りつつという感じで…。笑

 

しかし、学生の時なんかは本当に親を恨みました。恨んでもしょうがないけど、でも自分では治せないという事実から嫌でしょうがなかったです。わきがあるあるだと思うのですが、新しい服を着ている時って同じワキ汗をかいても臭いって目立ちにくいんです。しかし、制服みたいに洗濯するけどそんなに買い替えるものではない服は同じところに汗をかいていると臭いが染み付くのか洗濯しているのにちょっとのワキ汗で臭いやすくなります。

 

あとは黄ばみ?色が変わってしまうのも特徴的。1年中というか中学生の時に自分で気付いたのでそれから高校卒業するまでの学生時代はずーっと気が抜けない状態でした。社会人になった時には、ある程度わきが歴も長くなってきてトイレに行った時に汗拭きシートで脇だけ拭いたりとか、ネットで色々調べて実践したりしていました。

 

ただ手術だけは抵抗があり、傷跡が残るというのも見たので勇気を持てず、手を出せなかったです。他に苦労したといえば脱毛。笑 思いっきり脇を見せる体勢にさせられるのが臭っていないか怖かったです。たまーに脱毛をしたらわきがが治ったとかゆう口コミを見て期待していましたが、そんなに甘くない。笑 逆もあるみたいですが、それは悲惨ですね。笑

 

脇を綺麗にするために脱毛したらわきがになったなんて笑えないです。私は今脱毛は機械を購入し、自分でやっているので臭いを気にしなくていいので楽です!あとわきがについて常々思っていたことがあります。わきがってすごい嫌がられて、バレたらこそこそ言われたりしますが、なぜ足が臭い人はあんなに普通なんだろうと疑問を持っています。

 

女の子でもすごい臭い子とかいるのですが、あえて自分で私足臭いのーって笑って言えちゃったりします。わきがも私脇臭いのーって笑って言える時代がこればいいのにな、と願っています。笑

 

ワキガの対処をすることで、安心して行動できるのです。

日本人は、欧米に比べてワキガになる確率は少ないのです。
ワキガになる人の確率は、10%程と言われています。

 

欧米人の場合には、70%程度の人がワキガと言われています。
特に黒人系の人はほとんどで、すべての人がワキガといっても言いすぎない位なのです。

 

以前、外人が日本に遊びに来ていて、私ども臭いワキガと感じました。
外人のニオイはワキガと、子供心に昔は思っていました。

 

自分がワキガであるので、このきついニオイを知っていたこともあります。

 

日本人でもワキガの対処をしている人は、臭いニオイもしないのです。
対処を怠っている人に、横に来られた場合には息をとめる事なども、今までにしていました。

 

ワキガの体質の人は、湿った耳垢の人が多いのです。
殆どのワキガの人は、乾いていない耳のあかとなるのです。

 

これはアポクリン汗腺が、ワキガの原因と言われている為なのです。

 

耳の中には、外耳道と言われる部分があるのですが、その部分にはアポクリン汗腺だけしかないのです。
そのために、ワキガの人はアポクリン汗腺からでる汗が原因となり、耳垢も湿っているのです。

 

アポクリン腺により耳の垢が湿ってしまうことは、アポクリン汗腺やワキガに直接関係しているからです。

 

ワキガの人にとって、対応の方法はとても重要となります。
毎日のケアで、ワキガ体質ではない人と同じ様な感じにすることが出来るのです。
はじめて知るワキガには、ショックを受ける事もあります。

 

しかし脇のベトッとしたものをふき取りますとか、デオドラント商品でニオイを防ぐ事は必ずできるものです。
効果を感じるにも、かなり強いワキガの人から、弱い人まで方法はあります。

 

私が感じるワキガのデオドラント商品は、高めの物の方が効果があり良いと思います。
ワキガ体質にも、負けない日々を送ってください。

 

ワキガに対処をして、安心感のある毎日を送りたいものです。
私は個人的には、無香料のものが好きなのです。
それは、香料が人に臭う事でワキガだからデオドラント商品を使っていると思われたくない為です。

 

わきがの臭いが気になって対人恐怖症に・・・

高校生の時に初めてわきが臭のする脇汗を実感しました。
うっすらした汗ではなく、明らかな垂てくる汗でした。
制服の中の脇を伝って脇腹に流れて来る汗に戸惑いました。

 

まだ高校生でしたから、どうやって対処すればいいのかもわからず。
そのうちに制服にも染みてくるようになりました。
しばらくしてから、教室内で「臭くない?」と言い出す人が出始めて・・・。

 

その発言の直後に、教室内の人間が私に視線を向けているのがわかりました。
ショックでどうしたらいいのかわからず。
幸い、いじめ等にはあわなく、皆我慢して過ごしてくれていたようです。

 

高校を卒業してからは、とにかく脇汗はマメに拭き汗取りパットを何回も付け替えたりしていました。
しかし、私がいない場所で、ひそひそと「あの人臭いよね・・・」っと噂されているのを聞いてしまい。

 

なんとかしようと美容施設を探しました。
しかし腋臭(わきが)の手術は高額ですぐに受けれず。
仕方ないので、ボトックス注入を何回か繰り返しました。

 

なにもしないよりは汗が減ったと思います。
ただ、白い服の脇の部分に黄ばみが出来るので、完全には治まってはいないようでした。

 

その後転職し、ボトックスを続けたままでしたが、
転職先で、「脇汗きになるでしょ?」っと先輩から言われてしまいました。

 

ボトックスでだいぶ治まっていたので、またショックを受けました。
そのこともあり、手術を決意しました。

 

脇に切り込みを入れて、そこから脂腺をとる内容でした。
手術後は脇が痛くて痛くて1週間が腕が上がりませんでした。

 

仕事は1週間休暇を取っていたので何とかなりましたが。
傷跡は残っていますが、シワに沿って切ってくれているので、ぱっと見ではわかりにくいです。

 

脇に目を近づけなければわからないので、気になるほどではありませんでした。
汗は少し出ます。

 

でも脇汗パットを使うほどではなくなりました。
やっと人並みになれたんだと思います。

 

あれから10年経ちますが、今では、ママ友が「暑くて脇汗気になる〜」なんて言ってきても、「あはは〜分かる分かる〜」なんて笑いながら話せています。

 

もう臭いなんて言われないって自信がついたからだと思います。
高校生からずっと悩んでいたので、もっと早くに手術をすれば良かったっと思うことはあります。

 

もし自分の子が腋臭になったら、親の私がすぐ対処してあげたいと思っています。
そんな会話がしあえる親子関係を作っていくつもりです。

 

わが子にはあの思いはさせたくないです。

 

夏場のわきがは犯罪級

わきがを治す方法,コラム

 

私は今22歳の学生なのですが、この体験談は私が20歳の夏の頃の話なのです。

 

私はその日電車で出かける用事があったのですが、その日は結構電車に乗る時間が長く、運良く座席に座れればラッキーくらいと思っていました。

 

駅に着いて電車に乗ると案の定人が沢山乗っており、軽く周りを見てみても席が空いている気配はありませんでした。

 

「あー○○駅まで立ちっぱなしかぁ・・・まぁしょうがないな」なんて思いつつ憂鬱な気持ちになっていると、なんと奇跡的に空いてる席がありました。

 

「お、ラッキー!」と心の中で思いながらもちろん座りました。

 

その時乗車していた電車は弱冷房車だったのですが、人がたくさん乗っていたためなかなか社内は暑く、あまり冷房の意味がなされていないような状態でした。

 

そんな中私の隣に座っていた男性が少し体型が太り気味で、その人もとても暑そうにしていました。

 

内心「この人の横だから尚更暑いのかも」と思いながらも、せっかく座れたのだから我慢しなきゃと思って座っていましたが、少し経つと何か変なにおいがするなぁと感じました。

 

私はこのにおいが何かがすぐわかりました。

 

そうです「わきが」の臭いです。

 

私もその当時まで何度か「わきが」の人の近くにいるときに、「あ、この人わきがだなぁ。少しにおうなぁ」と思ったことは何回かあったのですが、まだ我慢ができる程度でした。

 

ですが、その時隣にいた太めの方の「わきが」のにおいはかなりのものでした。

 

その時私はなぜこの席だけ空いているのかがすぐにわかりました。

 

この「わきが」のにおいが原因だと。ただでさえなかなかの臭さなのに、電車内の空気も人の多さで「もわぁ」というような蒸された空気で、さらににおいが強烈に感じました。

 

私もせっかく座れたからなかなか席を立ちたくないという気持ちはありましたが、この暑さと、なによりこの「わきが」のにおいが私の気持ちを折りました。

 

私は耐え切れずその席を立ち、目的の駅まで立つという選択肢を選びました。その後その人が座っている限り横の席はしばらく空席となっていました。

 

わきが常習犯と隠れわきがについて

私は接客業をしてきたので、色々な方に出会いました。

 

その色々な方の中には、わきがの方も何人かいらっしゃいました。

 

その中で私なりに感じた、わきがの種類が2つあります。

 

それを私は、「わきが常習犯」と「隠れわきが」と区別しています。

 

「わきが常習犯」は文字の通り、年中臭っている人の事です。

 

このタイプの人は極一部、かなり少ないと思います。

 

それに対して「隠れわきが」は、普段は臭いませんが汗をかくと臭いが出るタイプで、臭いがするのは運動後、夏頃の熱い季節のみなのです。

 

意外とこの「隠れわきが」の人が男性でも女性でも多いのです。

 

ちなみに私の旦那がこの「隠れわきが」なのです。

 

旦那から臭いがした時は、さりげなく「汗かいて気持ち悪いでしょ、着替え持ってくるね」「このスプレー(または汗拭きシート)するとさっぱりするよ」と消臭対策をしています。

 

そして、以前働いていた職場の中にもその隠れわきがの方がいたのです。

 

接客業なので、お客様に不快な思いをさせてはならない…ましてや他の従業員もその臭いが気になり、本人にどう伝えるか頭を抱えました。

 

そしてたどり着いたのは従業員全員、開店前、休憩、バックルームに行く度に消臭スプレーをする事にしたのです。

 

朝礼で「汗の臭いは勿論、食べ物のにおいや煙草のにおいでお客様を不快にさせてはいけないので、みんなでマメに消臭スプレーをしよう」と店長から従業員全員に伝えられ、その隠れわきがの方を傷つける事なく臭いを改善する事が出来ました。

 

それから他の従業員も臭いは勿論、身だしなみにも気をつけるようになったので、職場内全体が良い雰囲気になったので良かったです。

 

隠れわきがは、自分が気付いていないだけで誰でも可能性はあります。

 

なのでわきがだからと人を避ける事なかれ…自分もそうかもしれない。

 

臭いに気をつけて、制汗スプレーや消臭スプレー等を常備しておけば、自分の臭いを軽減でき、不安要素も減るのでお勧めです。

 

私のワキガ人生について

私の父親がワキガで、私も遺伝によりワキガになってしまいました。

 

物心ついた時から、母からそのことを知らされていたので、ある程度気をつけることができました。

 

普通に学校生活を送る上ではあまり気にならなかったのですが、それでも白いシャツは黄ばんでしまうので何度も購入するはめになりました。

 

中学生の時に部活動でテニスをはじめたので、特に部活中は気になって仕方ありませんでした。

 

デオドラントスプレーをたくさんふっていましたが、汗をかいてしまったあとではワキガの臭いと混ざるだけで最悪でした。

 

人に臭いを指摘されたことはありませんでしたが、人の目が気になって仕方ありませんでした。

 

高校生になってからは汗を気にするのが嫌で、運動部ではなく文化部に入部しました。

 

女子校でもあったため中学生の時よりもこまめにケアできましたしそんなに困ることはありませんでした。

 

大人になるにつれてそんなに激しい運動をすることはなくなったので、ケアを充分にすれば大丈夫でした。

 

しかし社会人になってから営業の仕事をするようになり、外交によって汗をかいてしまうので大変でした。

 

臭いは防げても、シャツの黄ばみはできてしまうし、下着を予備で持って行き、着替えていました。

 

市販のデオドラントスプレーでずっと対応してきましたが、社会人になって脱毛に通うことで少し汗の量がマシになりました。

 

今ではこまめに汗を拭いたりケアを怠らなければ、臭わなくなりました。

 

自分がワキガであることで、人のワキガにも敏感になります。だいたいワキガの人はすぐにわかります。

 

その度に母に小さい頃から教えてもらっていてちゃんとケアできてよかったなと思っています。

 

私も今は母になり、子供がいますが、もし遺伝でワキガになってしまっていたらきちんと伝えて、ケアをするように言おうと思います。

 

遺伝しないことが1番いいけれど、こればっかりはどうしようもありません。

 

自分の経験を活かして、子供には不自由のないように生活してほしいなと思います。

 

わきがとの長い付き合いでした

私がわきがだと気づいたのは小学生の頃でした。

 

でも詳細はよく分からなかったのですが、母によく言われて実感しました。

 

2つ年上の姉は普通だったのですが、私は父の遺伝を受けたようでした。

 

明らかな状況としてはわきが臭い。

 

その他には湿り気のある耳垢でした。

 

耳垢に関しては他人に影響がないのであまり気にしませんでしたし、今も気にはなりません。

 

でもわきの匂いに関しては、匂いだけでなく、白い洋服へ汗ばみが付き、マメに洗っても布が茶色に変色していく事です。

 

 

中学校に入り、運動量も増えさすがに気になり、香料入りの制汗スプレーを使用しました。

 

使用後は以前よりもワキガの匂いは特に感じなくなったのですが、今度は先程の洋服への着色が茶色からピンクに変わりました。

 

ですので、それ以来洋服を購入する時は特にTシャツは白系は買えなくなりました。

 

制汗スプレーの使用の他、剃毛も忘れずにしていましたが、次第に脱毛をする様になりました。

 

その様な繰り返しで社会人になった頃、重度のわきがの人が2,3人職場にいたのですが、周囲の人は感じているのですが、本人はあまり気にしていない様子でその状況を見る度に自分も人に不快感を与えているのではと思っていました。

 

何も解決できないでいる頃、人伝えで中学校の同級生(女性)が多忙で移動の多い職に就いたので、わきが手術をしたと聞きました。

 

形成外科でアポクリン汗腺を切除し、両脇を同時にしたので、約一週間腕を吊りながらの入院だったそうです。

 

美容外科ではないので高額ではないようですが、社会人で一週間の有休は厳しいなと感じていました。

 

その後も通える距離で低額な病院は探したのですが、3ヶ月待ち、20万円以上という厳しい条件でした。

 

それでも、自分でも美容外科以外で手術してくれる病院を探し続けました。

 

すると市内の病院案内に記載されていたので、思い切って受診しました。

 

時代の進化なのか、入院不要、片腕ずつできる、術後3日だけ入浴禁止、手術代は片方20,000〜30,000程度との事でした。

 

丁度その頃派遣社員で時間にも融通が効いたので、悩まず決断し、一ヶ月以内で両方とも手術を終えることができました。

 

傷跡も皮膚のシワに隠れるので、ノースリーブでも目立ちませんし、手術によって毛根も殆ど切除したので脱毛処理も頻度が減り嬉しい限りでした。

 

やっと長年のわきがの悩みから開放されたので、最後の抜糸が終了した日はすごく幸せでした。

 

ただ、片方は若い先生が手術されたので、今でも時々わきが臭がにおう時はあります。

 

再診したのですが、再手術すると皮膚の付きが悪くなるのでと断られました。

 

幼い頃から比べればゼロに近い状態になったのですが、肉やスナック類などを多く食べ続けると匂うと言うことが分かったので、それだけを気をつけています。

 

わきがに悩んでいる方は美容外科より普通の病院の形成外科に相談する事をお勧めします。

 

わきがの臭い|衝撃的な人に出会いました

わきがの臭いで、衝撃的ともいえる人に出会ったので体験談をお伝えします。

 

派遣社員をしていた時にお世話になった上司が異動で子会社の役員として赴任され、結婚して離職していた私は、来ないか?と誘っていただきました。

 

そこは大手の製造工場だったのですが、荷受を担当されている人に強烈な悪臭を伴なう人がいらっしゃいました。

 

ロッカールームなど、壁などがあって目視出来る状況でなくても、ニオイで存在がわかるほどのすごさで、一番驚いたのは、その体臭が荷受室全体に染み付いていた事でした。

 

正社員は長年同じメンバーで仕事をしているため和気あいあいとして、温和な人が多く、その悪臭も誰一人本人に注意するという事が出来ず、10年以上それぞれに我慢をしているという事を聞き、これは立派なスメルハラスメントであるという事を誰一人問題視していませんでした。

 

しかし、正社員で36歳であるのに荷受室で長年勤務をさせられているのは、やはり体臭が原因であり、多くの社員がいる事務室での業務には入ってこられると自分たちが困ると思っているのは明らかでした。

 

そして事件はおこりました。なんと年齢的にいつまでも荷受室でなく別の業務もしないといけないと、生産管理室への移動が決まったのです。

 

ここは製造ラインへの指示書を作る6人が常駐する部屋だったのですが、同室で働くことになった人たちは大騒ぎになり、いつまでも荷受に正社員を置けないという理由で、でも事務室には臭くて上げれないから生産管理室に異動になったのだと、そのうちこの部屋の物品すべてにニオイはついてしまう、その中で働かないといけないという悲痛な叫びを上げ始めたのです。

 

とうとうそこで、一人一人個別に呼ばれて今までの状況を聞かれ、長年の付き合いである社員の方たちは、「お肉しか食べない、肉食からくる体臭と、エアコンなどの空調設備がない環境での労働の汗のニオイ お風呂に毎日入る習慣がない」などの状況が、わきがという病気と相まってあそこまでの強烈なニオイを作っていることが何となく発覚し、そこで上司からやっと本人に注意されていました。

 

派遣社員として、人より多くの職場を経験しましたが、ニオイを強烈に放つ人は今までその人のみです。

 

それからは、自分自身も人にニオイで迷惑をかけていないか、異常に気になります。

 

 

>>返金保証付のわきがクリーム一覧はこちら<<

 

 

>>わきがを治す8つの方法はこちら<<

関連ページ

わきがは遺伝するは本当?ニオイに対する怒りを考える
わきがを治す方法や改善、対策方法など先人が行ってきた体験や口コミをブログ形式で詳細にお伝えしていきます。♪
わきがは食べ物で左右されます
わきがを治す方法や改善、対策方法など先人が行ってきた体験や口コミをブログ形式で詳細にお伝えしていきます。♪